お風呂のリフォームを始める前に気を付けるべき3つの注意点とは?

2018年9月6日
リノベーション市場 お風呂リフォーム情報
お風呂のリフォーム、何に気を付けるべき?3つの注意点とは

どんな家やマンションでも、長く住み続けていると老朽化してきますよね。お風呂もその一つ。ピカピカのお風呂に入れるのは誰でも嬉しいということで、お風呂のリフォームは人気でもあります。でも、よく考えて決めていかないとせっかくのリフォームが失敗なんていう事態もないとは言い切れません。そこで、お風呂のリフォームで気を付けたい3つの注意点をお伝えします。

お風呂のリフォームの目的を整理すべし

まずは、どうしてお風呂のリフォームをするのか、リフォームすることで何を変えたいのかということを考えてみましょう。古いものを新しくするというだけでなく、この先しばらく使うためには、より良くしたいですよね。今使っているお風呂の不便な点や不満な点を家族で話し合って、リフォームによって何を変えたいのか整理することをおすすめします。

もちろん、家族全員の希望を全て叶えるのは難しいですが、これだけは譲れないという共通の希望や、妥協できる点などを整理するだけでも違います。例えばユニットバスでも、浴槽の形や大きさ、床の素材、色、壁の模様など、たくさんの種類から選ぶことができます。また、浴室暖房乾燥機を付けるかどうか等で予算も変わってくるので、よく考えて決めることが大切です。

老朽化している部分をチェック

お風呂のリフォームをする際には、浴室の基礎部分など見えないところが老朽化していないかチェックすることも大切です。リフォームの経験が豊富でノウハウがしっかりしている業者なら、黙っていても基礎部分のチェックを行い、工事が必要かどうか判断してくれます。でも、そうでない業者もいないとは言い切れません。せっかく新しいお風呂にしても、基礎部分の劣化をそのままにしていると、結局すぐに再度の工事が必要になってしまいます。このように、お風呂のリフォームは大掛かりになる可能性があるということも覚えておきましょう。

また、給湯器もリフォームと同時に買い換えることをおすすめします。老朽化している給湯器をそのままにしていると、故障してお湯が止まらなくなったり逆に出なくなったりすることもあるのです。お風呂のリフォームとセットで行うと手間も料金も抑えられますよ。

安全性や掃除のしやすさも重要


お風呂はデザイン性の高さや快適であることが重視されがちですが、忘れてはならないポイントがあります。それは、安全であること。小さい子どもやお年寄りがいる家庭では特に、段差が少ないことや手すりの設置、滑りにくい床など、リフォームの際に考えるといいですね。

また、掃除がしやすいこともとても大切です。お風呂は毎日使う場所なので、当然掃除も毎日必要。目地や床にカビが生えやすいようなお風呂では困りますよね。換気がしやすく、水はけがいいということや、溝やくぼみなどが少ないというのも掃除がしやすいポイントです。最近では水はけや乾きが早い床など、掃除のしやすさを重視して考えられたユニットバスが人気ですよ。

まとめ

お風呂のリフォームの注意点をお伝えしてきましたが、イメージは湧いてきたでしょうか。実際に毎日使うことを考えて、今より快適で使いやすいお風呂にするために、よく考えて進めたいですね。見えないところの老朽化も想定して、信頼できる業者にリフォームを依頼することが大切です。ここでご紹介した注意点を押さえながら、家族みんなが満足できるようなお風呂にリフォームしましょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ