サイズ選びが重要ポイント!マンションでお風呂をリフォームする際のサイズの選び方

2018年11月29日
リノベーション市場 お風呂リフォーム情報
お風呂のサイズの選び方!マンションでお風呂をリフォームする場合

お風呂のリフォームするとき、ユニットバスを選ぶ場合サイズが問題となります。なぜなら、ユニットバスはサイズが決まっており、浴室に合うサイズでなければリフォームできないからです。どのお風呂でもOKというわけではなく、元の浴室のサイズに合わせたものから選ぶことが大切ということです。ここでは、マンションでお風呂をリフォームする際に、サイズを決めるために必要なことをご説明します。

お風呂サイズの数字の読み方

ユニットバスを販売しているメーカーのカタログや商品ページを見ると、4桁の数字が書かれています。1216、1616などの数字のことです。これが浴室内のサイズを表すもので、どのメーカーでも同じように表記することになっています。具体的には、浴室の内径の幅と奥行きを表しており、10㎝単位で表記されています。例えば1216の場合は幅120㎝、奥行き160㎝の浴室ということです。

ただ、浴室自体のサイズはユニットバスの表記とは異なり、1坪や0.75坪といった表記がされています。そのため混乱しやすいですが、実際には壁の厚さがあるため、浴室の広さに対して入れられるユニットバスのサイズは、やや小さめになっています。1坪は182㎝×182㎝で、1坪用のユニットバスが1616(160㎝×160㎝)となっているように、実際の浴室の広さとユニットバスのサイズは一致しないということです。

今のお風呂のサイズを知ろう

お風呂をリフォームする際には、まずは今の浴室の広さを知ることが大切です。元々入っているユニットバスのサイズを知っていれば、同じものを選べばいい気もしますが、一点注意したいことがあります。それは、内寸は同じでも、外寸が違う可能性があるということ。つまり、メーカーによっては外寸が合わず追加工事が発生することもあり得るのです。

サイズの合うお風呂を選ぶためにも、リフォームの際にはリフォーム会社にまず既存のお風呂を見てもらい、どのサイズが合うか判断してもらうと安心ですね。マンションの場合0.75坪であることが多いですが、0.75坪タイプは1216もあれば1317もあります。どのサイズを選べばいいか迷ったら、リフォーム会社に相談してみて下さい。

マンションでも広く使えるお風呂

お風呂のサイズの選び方!マンションでお風呂をリフォームする場合

特にマンションでは、お風呂がコンパクトであることが多く、リフォームで少しでも広く見せたり少しでもゆったりと快適に過ごせるお風呂にできたらいいなと思うものです。そんな場合も、狭い空間を拡張して実際に広くすることができるユニットバスや、サイズの種類が豊富で自分の家にぴったりなものを見つけられてデッドスペースを生まずに済むユニットバスもあります。

マンションということで、騒音が気になる人もいますよね。静音や振動を極力抑えてリフォームできるユニットバスもあるので安心です。サイズ選びはもちろん、快適さも守られるようなリフォームを心がけたいですね。

まとめ

お風呂のサイズのあれこれ、マンションのユニットバスの選び方についてお伝えしてきました。基本的には元のユニットバスと同じサイズを選ぶ、今の浴室のサイズを知って合うものを選ぶということで、失敗しないでしょう。ただし、外寸が心配な場合もありますので、お風呂選びはリフォーム会社と相談しながら進めると安心です。マンションでも快適で広く感じるお風呂にすることは可能なので、楽しみながら選んで下さいね。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ