リフォームの相見積もりはなぜ必要?何社に依頼?注意点あれこれ

2018年5月22日
リフォーム市場 リフォーム費用
リフォーム相見積もり

中古マンションであれ、新築であれ、念願のマイホームを手に入れたあと、避けて通れないのがリフォーム問題です。できれば、安く抑えたいですよね。そのためには、リフォーム会社をどのように選ぶかが重要。リフォームで失敗・後悔しないためには、工事を依頼する前に複数のリフォーム会社から相見積もりを取ることをおすすめします。

どうしてリフォームで相見積もりが必要なの?

リフォームを依頼する前に、見積もりを取るのは常識ですが、相見積もりを行う理由、それはリフォーム会社によって料金が異なるからです。同じ内容だとしても、会社によって料金が違ってくるのですから、できるだけ安く抑えられる会社を選びたいですよね。

相見積もりを行うことで、複数の会社を比較することができるので、より安い会社に依頼することが可能になります。それに、リフォームに関する知識がないと、相場もわかりません。相見積もりを行うことで、だいたいの相場を知ることができるというメリットもあります。

相見積もりを行う際に気を付けたいこと

リフォーム相見積もり

相見積もりを行う際、事前にどのような工事を行うのか決めておく必要があります。例えば、外壁ならどの塗料を使い、どの範囲を工事するのかなど。リフォームする内容がはっきりしていれば、全く同じ内容のリフォームで相見積もりを取ることができます。

逆に、リフォームの方法や材料が決まっていないと、リフォーム内容も会社によって変わってしまいます。そうすると相見積もりをしてもあまり意味がありません。内容が違うと、足場や養生、高圧洗浄料金など基本的なものを比較することはできますが、やはり全く同じ内容で比較した方がいいのです。

相見積もりは3社以上から

リフォームの内容がはっきり決まっていない場合は、まず1社で相談してリフォームプランを出してもらいましょう。そのプランと同じ内容で、何社からか見積もりを取れば比較することができます。では、何社から相見積もりを行えばいいか…それは、3社以上取ることが安心です。

なぜなら、2社では比較はできますが、高いか安いかだけで、客観的に見ることができないので、結局相場がわからないからです。
3社から取ることによって、比較材料が増え、だいたいの相場がわかるというわけです。ただ、あまり何社も取り過ぎると、情報量が増えすぎてかえって決めづらくなってしまいます。比較もしやすく決めやすくするためには、3~4社くらいがベストでしょう。

一級建築士在籍のリフォーム会社が行なうセミナー情報

リフォームセミナー情報
【都筑ショールーム】リフォームは相見積り3社以上!リフォーム価格はなぜ会社により価格に大きな幅があるか?

まとめ

このように、リフォーム会社からの相見積もりには、料金をより安く抑えられるメリットがあるだけでなく、リフォームの相場を知ることもできます。3~4社のリフォーム会社から相見積もりを取り、納得のいくリフォームを行いましょう。

ただ、大切なマイホームのことですから、安ければいいというものでもありません。あまりに安すぎる会社は工事が雑ということもあり得るので要注意です。料金だけでなく、担当者が信頼できそうかなども重要。トータルで比較検討することをおすすめします。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ