リフォームの補助金と助成金は何がどう違うの?どっちがお得?

2018年6月14日
リフォーム市場 リフォーム費用
リフォームの補助金と助成金

新築よりもコストが抑えられるリフォームの数は年々増えています。リフォームは新品のような部屋を造ることが出来るほか、耐震リフォームで安全性を増すということも出来るのも魅力です。

リフォームを考えた時に気になるのは、やはり費用ですよね。しかし条件次第では、リフォームの補助金や助成金を受け取ることが出来るんです。そこで今回は、リフォームの補助金と助成金の違いとどちらがお得かなどをご紹介します。

リフォームの補助金とは?補助金制度は国のリフォーム支援制度

リフォームにおける補助金と助成金の違いは、少し分かりにくい部分がありますね。リフォームの補助金は国がリフォームを支援するためのお金を援助したり用意してくれる制度です。リフォームの補助金は、要介護者の人のためなどのバリアフリー化のリフォーム、耐震強化のリフォーム、環境やエコに繋がる省エネリフォームなどがあります。

補助金の種類は様々ですが、主にバリアフリー、省エネ、耐震リフォームになります。補助金は全員が受け取れる訳ではなく、条件を満たした人の中でふるいにかけられます。そして、これらの補助金制度は日々刻々と変化、拡大しておりとても難解です。時期などによっても額や条件が変動すると考えて差し支えありません。補助金を受け取るためにはリフォームの前に事前に条件を確認して、必要な届け出などをしっかりと行う必要があるのです。

また届け出はリフォーム業者が行うものもあり、補助金制度を活用するためには制度に詳しいリフォーム業者に頼むことも大切なのです。補助金制度を効果的に活用するためには、補助金や助成金について詳しく診断してくれるリフォーム業者などに確かめるのも良いでしょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

リフォームの助成金は地方自治体が主体の制度

リフォームの助成金制度は、地方自治体が主体となりリフォームを支援する制度です。基本的には条件さえ満たせば受けとることが出来るのですが、国の補助金よりは額が控えめな傾向があります。条件としては、国と同じようにバリアフリー化や省エネ、耐震強化などを主に対象としていることが多いようです。

国の補助金制度と似ている制度もありますが、その地域によって額や条件に違いがあります。その地域の予算内での支援となる場合もあり、こちらも条件やタイミングなどをよく確認する必要があります。地域の振興を目的としていることもあり、その地域のリフォーム業者に依頼することを助成の条件にしている場合もあります。

個性のある助成金制度を設けている地域もあるので、内容も合わせて是非チェックしておきましょう。こちらもしっかりと給付されるように、リフォームをする前に問い合わせたり、地域のリフォーム業者に相談する必要がありますね。

お得なリフォームを望むなら事前にセミナーに通って勉強しておこう

リフォームセミナー補助金
リフォームの補助金、助成金の制度は日に日に変化している上に膨大な制度があるため大変複雑で難解です。制度に詳しいリフォーム業者や建築業者でも日々努力を重ねています。ましてや、プロではない一般の人々にとっては更に大変です。

しかし制度を理解してお得にリフォームするには、やはり勉強が一番の近道です。そのためには国や地域が開催するリフォーム支援のセミナーなどに参加したり、制度に詳しい民間のリフォーム業者による説明会などで理解を深めましょう。お得なリフォームのためには、自分で新しい情報や知識を得ておくことが大切です。

まとめ

今回は、リフォームの補助金と助成金制度についてご紹介しました。政府は続けるリフォームを積極的に支援しており、リフォームの補助金や助成金にまつわる制度は膨大なものになっています。

補助金と助成金のどちらがお得かは地域によっても変わり、補助金を受け取れるかどうかにも左右されます。これらをお得に活用するためには、制度に詳しいリフォーム業者に依頼したり、事前に予備知識を得ておくことが肝心です。しっかり勉強してリフォーム支援制度を生かし、お得にリフォームをしましょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ