二世帯住宅にリフォームしたい!費用の相場はどうなってるの?

2019年1月3日
リノベーション市場 リフォーム費用
二世帯住宅にリフォームしたい!費用の相場はどうなってるの?

親の実家を二世帯住宅にリフォームして同居するという人は結構います。新しく家を購入するよりも費用が抑えられますし、子育てに協力してもらえたり親の介護をしやすくなったりとメリットもありますね。ただ実際、二世帯住宅にリフォームするとなると、どのくらい費用が必要なのかイメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか。そこで、二世帯住宅へのリフォーム費の相場をご説明します。

二世帯住宅へのリフォームって難しいの?

まず、二世帯住宅といっても様々なタイプがあることを知っておきましょう。その家で暮らす人たちのライフスタイルに合ったタイプを選ぶことが大切です。二世帯住宅には、主に「完全同居型」「完全分離型」「部分共用型」の3つのタイプがあります。「完全同居型」は、居住スペースをほぼ二世帯で共有し、寝室や書斎などのプライベートスペースのみ確保するといったスタイルです。家族で顔を合わせ共に過ごす時間が多くなるというメリットがありますが、生活が重なる不便さやプライバシーのなさをデメリットに感じる人もいるでしょう。

そのデメリットがない「完全分離型」は玄関もリビングもキッチンやお風呂も、すべて二世帯分ある住宅です。1階は親世帯、2階は子世帯で暮らすことが多いですね。これら2タイプの中間が「部分共用型」で、例えばリビングは共用として家族団らんのスペースとすることも可能です。このように選べることがわかれば、柔軟に考えられるのではないでしょうか。

リフォームの内容で相場は変わる

気になる相場ですが、こちらもリフォームの内容によって変わります。完全同居型であっても個室を増築する場合とただ新しくするだけで増築も間取り変更もない場合は、費用に差が出ますよね。最も費用が掛かるのは完全分離型かつ立て替えもしくは敷地内に離れを増築する場合です。でも、こちらはリフォームではなく新築と考えられますので、今回は割愛します。

実際の二世帯住宅へのリフォーム内容は、キッチンお風呂トイレなどの水回りを増設したり、共有スペースを広げるため、あるいは個室を増やすための間取り変更をしたりといったものが多いのではないでしょうか。これらを踏まえて、相場を見ていきましょう。

増築・増設する場合の相場

二世帯住宅にリフォームしたい!費用の相場はどうなってるの?

土地が広く、増築が可能な場合は新たに居住スペースを広げることでより快適な二世帯住宅にリフォームするという選択肢もありますね。建築基準法による「建ぺい率」(敷地面積に対する建築面積の割合)をクリアしていれば、増築することができます。例えば、1階の庭部分に新たに和室を増築する、二階部分に収納スペースとシャワールームを増築するなどのリフォームが考えられます。

増築の内容にもよりますが、一部屋ほどの増築は1000~1200万円ほどが相場となります。また、もともとある居住スペースにトイレやお風呂、キッチンなどの水回り、玄関などを増設して完全分離型にリフォームする場合は、設置する製品のグレードによって相場が変わります。水道工事や電気・ガス工事も併せて必要になってきます。こちらの相場は1000万円以上となり、上限は内容により幅が出るでしょう。

間取り変更のみの場合の相場

2間続きの和室をつなげてリビングにしたり、広い寝室を区切って子ども部屋にしたりと、家の中で間取りだけを変更するというリフォームも考えられます。そのような場合は、比較的増築・増設があるリフォームよりは相場も安く、工期も短くなってきます。壁や扉をなくす・あるいは新たに壁や扉を設置するという工事、また壁材や床材、天井の張替えが必要となってくるでしょう。

こちらも、部屋の広さや使用する素材によって相場は変わってきますが、だいたい500万円~1000万円ほどで可能です。ただ、このような完全同居型の二世帯住宅は暮らしていくうちに不便さを感じることも出てくる可能性があるため、例えば数年後シャワールームやトイレを増築する余裕を持たせるなど、将来を見据えておくこともおすすめします。

必要なリフォームを整理しよう

二世帯住宅へのリフォームは、その内容にもよりますが、相場1000万円ほどである程度快適な居住空間にできることがわかりました。相場を知り予算を決めていくことも重要ですが、各世帯の一人ひとりの意見を整理し、不満を抱えたままにしないことも忘れてはならないポイントです。

家族みんなが納得したうえでリフォームに踏み切るためにも、1~2年ほどは話し合い・準備期間と考えておくと安心です。そのうえで、どんなリフォームを行うか細かく決めていきましょう。また、二世帯住宅へのリフォームには補助金や助成金制度もありますので、賢く活用することで費用を抑えられますよ。

まとめ

二世帯住宅へのリフォームは、住む人の暮らし方によって3つのタイプがあり、その内容も様々であることから、費用の相場にも幅があることをお伝えしてきました。最低でも1000万円はかかると思っておくといいでしょう。二世帯でじっくり話し合いながら、満足できるリフォームを実現して下さいね。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事