キッチン収納をリフォームしよう!使いやすい収納とリフォーム費用をご紹介

2018年8月16日
リノベーション市場 キッチンリフォーム情報
キッチン収納リフォーム

キッチンの使いやすさは収納スペースの使いやすさによって決まってくると言っても大げさではありません。作業をしながら簡単に物が取り出せるキッチン収納が理想的。既存のキッチン収納が使いづらい場合はリフォームによって新しくすることが可能です。そこで、キッチン収納のリフォームにかかる費用や、重視したいポイントについてお伝えしていきます。

キッチン収納それぞれにかかるリフォーム費用とは

キッチンには、一般的に4つの収納があります。キッチン本体・天板・吊戸棚・床下収納の4か所です。これらを交換したり新しく取り付けたりするリフォームが可能となっています。キッチン本体も、扉の取っ手一つから付け替えることができ、必要な部分だけリフォームすることができるので気軽に依頼できそうですね。
気になる費用ですが、よく行われるリフォームを例に相場をご紹介します。

・キッチン本体シンクした収納を扉タイプから引き出しタイプに変更:約20万円(商品価格5万円・工事費10万円・廃材処分費5万円)
・床下収納追加:約10万円(商品価格3万円・工事費3万円・廃材処分費3万円)
・吊戸棚追加:約25万円(商品価格3~8万円・補強リフォーム費5~10万円・昇降機能追加の場合4~10万円)

工事費と廃材処分費は避けられない出費のため、費用を抑えるためには収納商品自体を安いものから選ぶ必要があります。

人気の後付け吊戸棚は使いやすさとデザインから選ぼう

次に、キッチン収納リフォームで多い吊戸棚の後付けについてご紹介します。吊戸棚は、使う人の身長よりも高いところに位置することが多く、タイプによっては物の出し入れが難しくなってしまいます。そこで、昇降機能を追加して踏み台などを使わなくても簡単に物を出し入れできるようにする人が多いです。その分追加費用は発生しますが、頻繁に物を出し入れする場合はあった方が便利な機能ですね。

また、デザインも様々で、特におしゃれな雰囲気を重視する人に人気なのがすりガラス扉付きの吊戸棚。また、あえて扉をつけないことで、見せる収納としてお気に入りの食器などを並べて楽しむこともできます。

キッチン収納は多さより使いやすさを重視

キッチン収納をリフォーム使いやすさ

収納は多ければ多いほどいいと思う人もいますが、実際は多いとかえって使いづらいというケースもあるのです。例えば、奥行きが広すぎて奥のものが取り出しにくかったり、どこに何を入れたかわからなくなってしまったりすることはよくあります。特にキッチンの場合、広すぎたり多すぎたりする収納が原因で、食品をストックしたままにして賞味期限を切らしてしまうことも。

少ないよりは多い方が便利ではありますが、リフォームしてキッチン収納を増やすことを考えるなら、本当に必要なぶんだけにしておくことをおすすめします。

まとめ

キッチン収納のリフォームについて、お伝えしてきました。理想の収納のイメージはできたでしょうか。
費用は今のキッチンの状態やリフォーム内容によっても変わってきますが、凝り過ぎるとどんどん上がっていくのでご注意を。せっかくリフォームするのですから、使いやすい収納になるよう、どのように利用するかシミュレーションしながら決めて下さいね。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ