キッチンのリフォームに掛かる費用の内訳ってどうなってるの?

2018年9月13日
リノベーション市場 キッチンリフォーム情報
キッチンのリフォームに掛かる費用の内訳ってどうなってるの?

一般的なキッチンリフォームには、だいたい60~120万円ほど費用が掛かると言われています。でも、ざっくりと聞いても、その内訳がどうなっているのかよくわかりませんよね。キッチンのリフォームには、キッチン本体と設置費用、水道やガスの工事費、諸経費が掛かります。では、早速詳しく見ていきましょう。

キッチン本体価格

キッチンリフォーム費の内訳で一番大きなものは、システムキッチン本体です。これに、40~90万円掛かります。キッチンには様々なタイプがあり、シンプルなものだと40万円~、より高機能で使いやすいものは90万円ほどになります。もっと格安なキッチンもありますし、より高級なものだと100万円以上するキッチンもあります。

吊戸棚や収納のついたシステムキッチンを標準として、さらに食器洗い乾燥機をつけたり吊戸棚に昇降機能やガラス戸などのオプションをつけたりすることで、さらに費用がかかってきます。

キッチン設置費用と諸経費

次に、内訳としてキッチンの設置費用があります。それまで使っていたキッチンを取り除き、新しいキッチンを設置します。その工事に5~10万円ほど掛かります。古いキッチンの廃材を処分する費用や、キッチンの運搬費や人件費など諸経費としてさらに5~10万円必要と言われています。

このキッチン設置費用と次でご紹介する水道やガスの工事費に関しては、キッチンの位置によって大きく変わります。というのも、キッチンの位置を移動せず元の場所に設置する場合は簡単な工事で済みますが、以前とは違う位置に移動する場合、水道やガスの管を延長したりしなければなりません。また、床やクロスの張替え作業もより大掛かりとなり、天井の工事も必要になるので、より費用が掛かるのです。

給排水とガス・電気の工事費

キッチンのリフォームに掛かる費用の内訳ってどうなってるの?

最後の内訳は、キッチンを使う際に重要になってくる水道やガス、電気の工事です。水道に関しては、給排水がうまくいくように水道管の工事を行います。食器洗い洗浄機の給排水工事も同時に行ってくれます。先ほどもお伝えしたように、位置を移動するか否かで費用に差が出ますが、だいたい2~4万円といったところでしょう。ガス管も同様で、2~3万円ほどです。

電気は換気扇や食洗器などで使いますよね。また、オール電化のキッチンでは加熱調理にも必要です。こちらは2万円ほどと言われています。さらに位置を変えると換気工事が必要になってきます。これらを踏まえて、5~15万円ほどの工事費がかかります。

まとめ

キッチンのリフォーム費用の内訳についてご紹介してきました。総額は標準なタイプで60万~120万円ということで、この範囲を超えるリフォーム事例もたくさんあります。そこまで幅がある理由は、システムキッチン本体の費用に大きな差があることと、キッチンの位置の移動を伴うか否かでかなり違ってくるからです。工事費に関しては大きな差はないということなので、選び方次第ですね。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ