トイレのリフォーム前に知っておきたい!お得になる補助金制度の基礎知識

2018年5月29日
リフォーム市場 トイレリフォーム情報
トイレリフォーム補助金

マンションでも戸建てでも、水回りの設備品は経年劣化するものですよね。そうなりますと、避けては通れないのがリフォームになります。中でもトイレのリフォームは、多くの方がリフォームを行なう設備の一つではないでしょうか。早速ですが今回のコラムでは、そんなトイレのリフォームがお得になる補助金制度についての基礎知識をご紹介致します。

トイレのリフォームがお得になる補助金制度とは?

まず、リフォームにおけます補助金制度を活用するには、いくつかの条件があります。

それは、トイレリフォームの中でも、マイホームの省エネ効果をアップさせるリフォームをしたいという方に対して、国からリフォームの補助金がもらえるというのが補助金政策になります。内容は、国土交通省によって対象となっている節水型トイレをマイホームに設置することで24,000円の補助金が支給されるというものです。

節水型トイレを設置するだけでなく、以下にある2つの項目もリフォームすることで補助金を申請する対象となるので、この点も事前チェックしましょう。

・高断熱浴槽(お風呂と一緒にリフォームする方はこちらが使えます)
・節湯水栓(キッチンリフォームなどとも一緒に使えます)
・高効率給湯器(キッチンリフォームなどとも一緒に使えます)
・太陽熱利用システム

トイレリフォームだけでなく、キッチンのリフォームお風呂のリフォームを考えている方は、こちらの制度も活用すると、よりお得にリフォームが出来ます。

補助金制度を活用すると減税も!?

リフォーム減税
実はエコリフォームすることで、補助金が出るだけでなく減税対策にも効果があるのです。こちらの制度にも条件がありますが、特にリフォームで減税される税金の種類が「投資型減税」というもので、バリアフリーや省エネ対策のリフォームすることによって、リフォーム完了後の年の所得税から「標準的な工事費用相当額(補助金等を除く)の10%」、もしくは控除限度額のどちらか少ない方が控除されます。

ただし、注意しなければならない点は、所得税額より控除額が多い際には、所得税額が上限になるということです。

補助金制度を活用する為に地元のリフォーム会社のセミナーに参加しよう

補助金制度に関してインターネットなどで調べることもできますが、文章だけでは伝わらないことも多々ありますよね。そんな時に利用すべきなのがセミナーです。国から出る補助金制度に関するセミナーを、リフォーム会社が無償で開催していますから、そういったものに積極的に参加しましょう。

まとめ

リフォームに関する補助金に関しては、専門家に聞くのが1番です。その為、積極的にセミナーに参加したり、知識のある方から話を聞いてしっかりとリフォームの基礎知識をつけてからリフォームを行ないましょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ