トイレを格安でリフォームする方法とは?押さえておきたい3つのポイント

2018年9月13日
リノベーション市場 トイレリフォーム情報
トイレを格安でリフォームする方法とは?押さえておきたい3つのポイント

家やマンションを購入してから年月が経つと、様々な部分に劣化が生じてリフォームが必要になります。水回りは特に、故障する前にタイミングよくリフォームしておくことが大切。トイレもその一つです。毎日何度も使う場所なので、リフォームによって快適なトイレにしたいですよね。ここでは、トイレを格安でリフォームするためのポイントをお伝えします。

トイレ本体のグレードで値段はかなり変わる

トイレには様々な製品があり、高機能のものを選べば、当然そのぶん値段も上がります。つまり、選ぶトイレ本体によって、リフォーム費用はかなり変わってくるのです。最低限の機能のみで、シンプルなトイレを選ぶことで格安でリフォームできるというわけですね。最近ではトイレも進化しているので、ふたや便座が自動開閉するなどの高機能トイレも、一般家庭で使えるようになりました。でも、格安でリフォームすることが目的なら、本当にそこまでの機能が必要なのかよく考えた方がいいですね。

ただ、昔に比べてトイレもどんどん進化しているのが普通になってきているので、タンクレストイレなどの最新のものでも、20万円ほどで購入できると言われています。もちろん、古い型を選べばそれよりもはるかに安いですよ。

トイレリフォームに強い自社施工の会社を選ぶ

トイレ本体で値段を下げるだけでなく、リフォームの工事費用も抑えることができます。それは、自社施工の会社を選ぶことです。リフォーム会社でありながら、トイレ工事は他社に依頼しているところも実はあり、仲介手数料がかかってしまう場合があるのです。格安でリフォームするなら、自社施工のリフォーム会社を選ぶのが基本。

さらに、トイレリフォームに強い会社なら、さらに格安でリフォームできるでしょう。なぜなら、トイレ本体や水栓器具などを大量仕入れするため、他社と比較してより格安になっているケースが多いからです。

さらに安くする裏ワザ

トイレを格安でリフォームする方法とは?押さえておきたい3つのポイント

上記でご紹介した方法でリフォームすれば、確実に費用を抑えることができますが、さらに格安にする方法もあります。それは、床とクロスの張替えを格安で済ませること。トイレリフォームには、単純にトイレを交換するだけでなく、床やクロスの張替えが必要になります。全く同じ形のトイレに交換するということはあまりないですし、工事の際に床やクロスがはがれる部分は生じます。それに、トイレをリフォームする必要があるということは、床やクロスも経年劣化しているはずですよね。その張替えにも費用がかかってきます。

これを格安で済ませるためには、自分でDIYするのが一番です。裏ワザ的な方法ですが、トイレは作業の範囲も狭いので、自分で張替えを行う人も意外といるようですね。

まとめ

トイレのリフォームを格安で行うためには、ここでご紹介したような方法を参考にしてみてはいかがでしょう。さらに、相見積もりをとれば完璧です。ただし、トイレのリフォームは安ければいいというものではないので、必要な機能や快適さも考慮して選ぶようにして下さいね。納得のいくトイレに格安でリフォームできるといいですね。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ