リフォームするなら押さえておこう!失敗しない為のトイレの選び方のポイント

2018年10月11日
リノベーション市場 トイレリフォーム情報
トイレの選び方のポイント!リフォームするなら押さえておこう

トイレのリフォームを検討する際に、どんなトイレにするのか決める必要がありますよね。もちろん、トイレの選び方については、事前に知識があると失敗しにくいです。それまで使っていたトイレに不便さを感じていたのなら、リフォームで改善するチャンスです。ここでは、トイレの選び方について押さえておきたいポイントをお伝えしていきます。

タンク付き?それともタンクレス?

まず、トイレの形状に関しては洋式・和式とありますが、ここではリフォームする際にほとんどの家庭で選ばれている洋式トイレにスポットを当てていきます。洋式トイレには、大きく分けて二つのタイプがあります。それは、タンクが付いているか否かという点による違いです。

タンクレストイレはコンパクトなため、トイレの室内が広く感じられるようになるというメリットや、掃除のしやすさ、デザイン性の高さなどから年々人気が上昇しています。ただ、タンクレスのため水を溜めておく場所がなく、電気を使って水を流す仕組みのため、停電の際の不安などデメリットも実はあるのです。手洗い場を別で設置する必要もありますね。そのためリフォームしても結局従来のタンク付きトイレを選ぶ人も少なくありません。メリットもデメリットも押さえた選び方を意識すると安心ですね。

快適に使えるトイレ機能とは

最新のトイレには、様々な機能がついています。例えば、フタの自動開閉機能や、複雑なウォシュレット機能がついているものはもう珍しくないくらいです。エコにも重点を置き、使用するときのみ自動で便座が温まる機能などもつくようになってきました。タンクの有無だけでなく、このような様々な機能を選べる時代です。

ただ、高機能・多機能だからいいというわけでもありません。機能を使いこなせないという人もいます。実際によく使うと思われる機能を予算の範囲でという選び方で進めていくといいでしょう。タンクレストイレの場合、万が一停電などが起こっても水が流せるように電池式でも使えるものや、一定量水を溜めておける機能がついているものもあるので、リフォームの際には検討してみて下さい。

掃除のしやすさ重視の機能とは

掃除のしやすさ重視の機能とは
トイレを快適に使えるためには、常に衛生的にしておくことが大切です。そういった意味でも掃除がしやすいということも忘れてはいけないポイントですね。特に、便器のフチに汚れが溜まりやすいという問題があるため、最近ではフチなし便器も選べるようになりました。他にも、水を流す際に泡が出て自動洗浄できるトイレなど、日常的に清潔に保ちやすいものも増えてきています。

やはり特別な機能があれば価格も上がりますが、こまめな掃除が難しい場合などは役立つのではないでしょうか。また、便器のサイズが大きいと空間が狭くなって掃除がしづらくなるということも押さえておきましょう。リフォームの際にはトイレの機能だけでなく、設置したときのスペースをイメージして選ぶといいですね。

まとめ

トイレの選び方は、ここでご説明してきたように、使いやすさと掃除のしやすさを重視することが大切です。タンクレストイレを設置する場合は水圧の問題もありますので、リフォーム会社に相談してみて下さいね。リフォームすることで前よりもいいトイレにできるように、トイレのタイプも機能も、実際に使うことをよく考えてから選ぶようにしましょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ