知らなきゃ損!?トイレのリフォームにかかる費用!相場はどのくらい?

2018年11月8日
リノベーション市場 トイレリフォーム情報
トイレのリフォームにかかる費用!相場はどのくらい?

リフォームを行う際に、どんな風にするか考えるのは楽しいですが、それに伴い気になるのが費用です。リフォームにかかる費用を知ることで具体的に検討することができるので、基本的な部分だけでも事前に押さえておくといいですね。ここでは、トイレのリフォームに掛かる費用の相場や内訳について見ていきましょう。

トイレリフォームの相場金額とは

トイレのリフォームに掛かる費用は、トイレ本体の価格と工事費を合わせたものになります。トイレ本体のグレードによって価格には幅があるため、リフォーム費用相場にも幅が出てきます。また、工事の内容も便器の交換だけなのか、トイレ室内の床や壁、扉なども同時にリフォームするのか等によって、必要な費用が変わってきます。つまり、相場といってもどのようなリフォームを行うかによって変わるものということをまずは覚えておきましょう。

便器の交換のみで、比較的グレードの低いトイレを選ぶ場合は10万円以下でリフォームできることがほとんどです。タンクレストイレや節水トイレ等グレードの高いものを選んだり、手洗い器の設置等があると、相場も上がります。グレードの高いトイレを選び、さらに床や壁など同時に一新する場合、30~40万円が相場となるでしょう。

リフォーム費用の内訳は

トイレのリフォームでのだいたいの相場がわかったら、実際どの部分にいくらかかるのか知っておくことで具体的にリフォームの計画を進めていくことができます。そこで、次にリフォーム費用の内訳をご説明していきます。まずは、トイレ本体価格です。先ほどもお伝えしたようにグレードによって差が出てくるのですが、最新の設備を備えたハイグレードのトイレは本体だけでも20万円前後が相場です。そして、最低限の設備のシンプルなトイレは3~4万円ほどのものも。このようにかなり幅が生じてきます。

そして、工事費ですが便器交換のみなら3万円ほど、床の張替えで+2~3万円ほどかかります。壁や天井の張替えでさらに+2~3万円です。ドアの交換で約2万円、窓枠の塗装や交換で1万円~と、工事内容によって費用が変わってきます。

専門のリフォーム会社を選ぼう

トイレのリフォームにかかる費用!相場はどのくらい?

トイレのリフォームでは便器の交換だけなのか、一新するのかによっても費用の相場が変わってくることをお伝えしました。基本的には便器の交換のみでグレードの低い商品を選ぶことがリフォーム費用を抑えるポイントです。でも、せっかくリフォームするならせめて床だけでも、できれば一新することでより快適で使いやすいトイレにすることができます。

そこで、リフォーム費用を節約してよりよいリフォームを行うためにも、トイレリフォームの実績が豊富な専門のリフォーム会社に依頼しましょう。トイレのメーカーと提携していれば、本体価格も割引してもらえることがほとんどで、お得にリフォームできますよ。水回りのリフォームは特に失敗が許されません。安心して工事を任せられる会社を選ぶことをおすすめします。

まとめ

トイレのリフォームはもちろん安く済ませることも重要ですが、安心できるリフォーム会社を選ぶことが快適で使いやすいトイレにリフォームするために大切です。安さだけでなく、使いやすさを考えながらリフォームを計画していくといいですね。ここでご紹介した相場などの情報を参考に、どのようにリフォームしたいか考えていきましょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ