洗面化粧台はリフォームで使いやすくなる!洗面化粧台の正しい選び方とは

2018年10月18日
リノベーション市場 洗面化粧台リフォーム情報
リフォームでより使いやすく!洗面化粧台の選び方とは

最新の洗面化粧台はデザイン性も高く、より使いやすい機能を備えたものがたくさん出ています。洗面化粧台をリフォームする際に、どのようなタイプのものを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。ここでは、リフォームで洗面化粧台を新しくするときの選び方についてご説明していきます。

収納のタイプで価格が大きく変わる

一般の家庭で使うような洗面化粧台は、大きさはスリムなものから幅のあるものまで、設置するスペースに合わせて選ぶことができます。価格はスリムなものはより安く、ワイドで大きさのあるものは高くなっていきます。デザインや色などはメーカーによっても違いますし、様々な種類から選べますが、基本的にどれも使いやすく設計されています。

大きく違うのは、洗面化粧台の下にある収納です。シンプルで低価格なものは、ほとんどが観音開きタイプになっています。それに比べて引き出し式の収納は価格が上がります。それでも、使いやすさや収納のしやすさから言えば引き出しタイプを選ぶ人が多いです。収納を重視する人は、リフォームしてから後悔しないように、どちらのタイプにするかこだわった選び方をおすすめします。

洗面ボウルは使い方によって選ぼう

また、リフォームでより使いやすくなったという声の多いものが、洗面化粧台の洗面ボウル部分が広くなったこと。古いタイプの洗面化粧台は、洗面ボウルが小さめなものがほとんどですが、最近のものはスクエア型でとても広く深くなっているものも多いです。洗面化粧台で軽く洗濯したり、赤ちゃんの沐浴をしたりする際には、大きめの方が便利です。普段顔を洗ったり歯磨きしたりする際に、水が周りに飛び散る心配もないというメリットもあります。

ただ、コンパクトなものに比べると値段は上がります。逆に洗面化粧台はコンパクトにして空間を広く使いたい人は、洗面ボウルにこだわらなくてもいいでしょう。普段、どのような使い方をしているかということを踏まえた選び方で間違いありません。

洗面化粧台のオプションは確実に使うものを

リフォームでより使いやすく!洗面化粧台の選び方とは

洗面化粧台の選び方で悩むのがオプションです。どのメーカーも標準設備に加えて、料金を加算することで様々なオプションを付けられるようにしています。せっかくリフォームするのなら、より使いやすい洗面化粧台にしたいですよね。水栓の形や扉の色が選べるだけでなく、収納を追加したり、体重計を出し入れするための台を付けたりと、さら高機能にすることができます。

収納等、デッドスペースを活用するためにはリフォームのついでに付けてもらうと便利ですが、自分で棚等を用意して設置するのに比べると高額にはなります。標準の洗面化粧台だけでも最近のものは十分機能的ですが、オプションも必要と思うなら追加してもいいでしょう。確実に使うもののみにしておくのがコツです。

まとめ

洗面化粧台の選び方は、収納のタイプ・洗面ボウルの形や大きさ・オプションをどうするかという点が主に考えるポイントです。普段どのように使っていて、今後はどうかということを考えながら選べば、無駄も失敗もなくすことができるでしょう。リフォームでより使いやすい洗面化粧台にできるよう、家族で相談して決めることをおすすめします。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ