横浜市都筑区マンションにてLIXILラシッサにてドアの新規設置リフォーム事例

横浜市都筑区W様邸 洗面所のドア、新規設置リフォーム事例です。

中古のマンションを購入し、入居する前に、水廻りのリフォームがしたいということで、弊社へ直接ご来店してくださいました。打ち合わせをしていくうちに、洗面所のドアがないことが気になっているというご相談いただき、弊社で新規にドアを設置することができることをご提案させていただきました。

 

リフォーム前

廊下のスペースや向いの部屋のドアの開閉などを考慮して、スライド式のドアをご提案致しました。ドアは豊富なカラーバリエーションのあるLIXILのラシッサです。

 

リフォーム後

ラシッサは、カラーバリエーションだけでなく、ガラスもバリエーションが多く、ハンドルや丁番も色や形を選ぶことができるので、自分の理想の、または既存の部屋の雰囲気に合った扉を作り上げることができます。今回は、アンティーク家具などによく使われている型板ガラスのチェッカーです。ラインのゆがみに味があるチェック柄のデザインガラスとなっています。

 

【洗面所ドア新規設置リフォームを行なったお客様の声】

以前使用していた人は、ドアの代わりに暖簾のような布を使っていました。でも脱衣する場所でもあるので、どうにかならないかと悩んでいたところ、ドアを新規に設置できるということを教えて頂き、本当に助かりました。これで、人の目を気にせず、脱衣所としても使用できます。