横浜市瀬谷区戸建にてエクステリア濡れ縁リフォーム事例

横浜市瀬谷区S様邸 濡れ縁のリフォーム事例です。

 

雨戸の外側に付けられている縁側、濡れ縁は、雨水の影響を直接受けてしまいます。お客様も木製の濡れ縁のため、経年劣化が気になるとの事で、弊社ホームページをご覧になり、お電話にてお問い合わせをしていただきました。

見た目は大きく変えたくないとのご依頼を受けましたので、サイズ、色は従来の物とはあまり変わらないようにし、木材よりも雨風に耐久性のあるアルミを素材として使用する事を提案させて頂きました。

リフォーム前

リクシルのアルミ製濡れ縁を使用しました。

木製の濡れ縁は、どうしても雨風の影響を受けてしまいます。大丈夫そうに見えても小さい棘がでてしまったり、腐食してしまう場合もあり、ケガの原因にもなりかねません。

 

リフォーム後

アルミ製なので、雨水にあたっても大丈夫!お手入れもしやすくなります。外観に合わせた色合いを選ぶことで、素材が変わっても見劣りすることなく、見事にフィットしてしています。

 

【濡れ縁リフォームを行なったお客様の声】

軋みや破損がひどく、使用するのを諦めていましたが、とても綺麗になったので、また安心して使用できます。木製による経年劣化という悩みも解決して頂きました。