横浜市瀬谷区戸建にて人気のガルバリュウム鋼板を使用した屋根カバー工法の屋根リフォーム事例

2018年3月16日

横浜市神奈川区M様邸 屋根リフォーム事例です。

屋根のリフォームはガルバリュウム鋼板を使用した屋根カバー工法です。

家が20年過ぎた頃から飛び込みの営業が良く来るようになり、そろそろリフォーム時期になっているんだと感じて、知人に相談したところ、クラサキのリフォーム市場は仕事が丁寧で評判が良いとすすめられ、弊社に依頼して下さいました。

お客様のご要望は、将来のメンテナンスの手間を軽減させるものでした。

リフォーム前

屋根をリフォームする際、屋根葺き替え工事と屋根カバー工法があり、どちらにもそれぞれメリットデメリットがあります。屋根カバー工法は屋根葺き替え工事に比べて、いわゆる「二重屋根」になるので、屋根の重量が増えてしまい、耐震性などが悪くなる。というデメリットはありますが、今の屋根の上に新しい屋根を載せるという二重構造にするという仕組みのため、基本的に「廃材」がでません。そのため、廃材を処分する費用や撤去費用がかからず、安価に済みます。また、遮音性を向上させることもできます。

リフォーム後

ガルバリュウム鋼板を使用した屋根カバー工法」は屋根上に雨風をしのぐための二重屋根として葺くだけではなく、遮熱性に優れたガルバリウム鋼板を使っているのがポイントです。つまり、遮熱という機能性を持った屋根を載せることで、より住みやすい家になるのです。また、ガルバリウム鋼板は耐食性に強いので、酸性雨などに非常に強い、ヒビ割れの心配もないなどのメリットも有ります。

【屋根リフォームを行なったお客様の声】

親切な対応で細かく説明して戴き、又作業においては丁寧な仕事をしていただき、ありがとう御座いました。今後共よろしくお願いします。(すごく良心的で喜んでおります。)