屋根塗装は暑さ対策になるの?暑さから家を守る屋根塗料のご紹介

2019年8月1日
リフォーム市場 屋根リフォーム情報
屋根塗装は暑さ対策になるの?暑さから家を守る屋根塗料のご紹介

屋根塗装は美観の回復以外にも機能性の獲得という側面があります。その中に暑さ対策としての機能の付与も屋根の塗装によって得ることができます。暑さ対策というとエアコンの設置や屋根や外壁の断熱材の追加と言った何かを加えるというイメージがありますが塗装を行うだけでもそう言ったものが狙えるのです。近年は遮熱塗料と呼ばれるものがあるので、そういったものを屋根に塗装するだけで暑さ対策が期待できるようになってきました。今回屋根塗装による暑さ対策として、遮熱塗料による屋根塗装の種類やその仕組みをお話しします。加えて暑さ対策の効果についても触れていきます。

屋根塗装は暑さ対策にも貢献します

冒頭でもお話ししましたが、屋根塗装は暑さ対策にも効果を発揮します。屋根の塗装だけで暑さ対策になるのだろうかと考える方も少なくありませんが、実際に屋根塗装に用いる塗料によって遮熱効果によって暑さ対策になり得るのです。

例えば屋根の塗装の色によっても室内の温度が変化します。これは太陽光を跳ね返すか色自体が吸収するかによって異なってくるのです、これだけでもある程度の暑さ対策になるのですが、遮熱効果を与える屋根塗装を行った場合、色以上に効果的な暑さ対策となります。実際に屋根の温度を計測したデータでも屋根塗装前後では異なる結果を示しますし、実際に室温も変化します。暑さ対策は様々な方法がありますが、屋根を塗装するだけでも十分暑さ対策として機能してくれるのです。

遮熱塗料による塗装は屋根塗装の暑さ対策に最適!

遮熱塗料は屋根塗装の暑さ対策に最適ですが、特にどんなお宅の屋根に塗装を行うと暑さ対策になるのかについてお話しします。

端的に言うと暑くなりやすいお家の屋根の暑さ対策に最適と言えます。例えば、日光を室内へ通しやすい作りの家が暑くなりやすい家で、屋根であれば金属屋根や屋根がスレート瓦の屋根です。これらの屋根を遮熱塗料で塗装することにより、かなりの暑さ対策となります。金属屋根は非常に熱を通しやすく、スレート瓦は屋根材が4~5ミリ程度しかないため薄さにより熱を通しやすいからです。

これ以外でも屋根塗装で暑さ対策を行うのに最適なお家が吹き抜けのお宅です。2階部分のガラス窓からの日光が熱を貯め込む上、天井からきた熱が吹き抜けの中で熱い空気を溜めてしまうからです。こういったお家に対しても日光の熱が室内を通すことを防いでくれる遮熱塗料による塗装は屋根塗装の暑さ対策に最適です。

断熱塗料による屋根塗装は暑さ対策にも活躍

断熱塗料による屋根塗装は暑さ対策にも活躍

前の項目では屋根塗装の暑さ対策に特に最適なお家についてお話ししましたが、今度は具体的にどのように屋根塗装が暑さ対策に活躍してくれるのかについてお話しします。

一言で言うと屋根を塗装することによって熱を伝えにくくし、また屋根を熱くしないという点で暑さ対策となり、屋根塗装の塗料が活躍するのです。室内が暑くなりやすい家の特徴として屋根の表面温度が上がりやすく、更に屋根自体が薄いため熱を屋根裏へ通してしまい、室内にその熱が侵入して室内が暑くなります。

そんな時、屋根塗装によって屋根に熱が通りにくくなり、さらに屋根自体の表面温度を塗装によって上げさせないために暑さ対策として屋根塗装に用いる遮熱塗料が活躍してくれるのです。特に屋根の表面温度は建物の中で一番温度が上がりやすいところなので、そこを遮熱塗料で塗装することによって屋根が熱を通しにくく、ためにくくなるため暑さ対策ができるのです。

屋根塗装の暑さ対策におすすめしたい塗料

屋根塗装の暑さ対策におすすめしたいのは遮熱塗料です。この遮熱塗料は様々な種類がありますが、暑さ対策に適したものでおすすめしたい塗料はどんなものがあるか紹介します。

種類が多数あるため具体的な屋根塗装の塗料の商品名は挙げられませんが、暑さ対策に適したものとして、下塗りにも遮熱機能がついたもの、汚れがつきにくいセラミック成分配合などが屋根塗装の暑さ対策におすすめのポイントですが、この他に家にマッチした色が選択できる色のラインナップの多さや変色や褪色が少ない無機顔料を使用したものなども屋根塗装の暑さ対策用の塗料として注目したいポイントです。

またこれらのポイント以外にも見落とされがちなのが、塗りやすさです。依頼する側からすればあまり関係ないことと思われがちですが、業者の実力を十分に発揮させてくれるような屋根塗装用の塗料というのは重要なポイントです。あくまで塗料だけでなく施工業者の塗る技術によっても暑さ対策の効果が変わってくるからです。そういった意味で依頼する時は塗り慣れた遮熱塗料であるかどうかも聞いてみると、より効果的な暑さ対策が期待できるはずです。

屋根の暑さ対策!塗料の効果の仕組み

これまで屋根塗装の暑さ対策に向いた塗料や最適な家、あるいはどのように効果があるのかについてお話ししてきましたが、今度はその遮熱塗料が屋根の塗装において具体的にどのようにして暑さ対策になっているのかをお話しします。

遮熱塗料は屋根に塗装すると、その性質から冷めやすいという特徴を持っています。これは屋根に熱がこもるのを防ぐ効果があり、塗装しただけで暑さ対策になるという理由の一つです。この他の効果として日射反射率が高いというのも暑さ対策の効果として挙げられます。これは日光をはじく力のことで、屋根に遮熱塗装を塗装するだけで室内に日光による熱を通さないという仕組みがよく働くことを意味しています。

それらの屋根塗装の効果を何年にもわたって維持する仕組みとして防汚性(汚れにくさ)、対候性(様々な天気で塗装の品質が落ちにくい性質)が遮熱塗料は特に高いという特徴も持っています。このような性質を遮熱塗料が持っているため暑さ対策の効果を出すことができるのです。

まとめ

屋根を塗装するだけで暑さ対策になるという話を聞くと一瞬眉唾物のような印象を受けます。しかし、屋根塗装に用いる塗料によって暑さ対策の効果を上げることができるのです。具体的には屋根の塗装が日光を反射し、反射できなかった日光の熱をすぐに冷ますことによって室内に入る熱を防ぐという効果で暑さ対策に貢献するのです。またその暑さ対策が維持できるように屋根塗装に用いる遮熱塗料は防汚性や耐候性などの丈夫さをもち、長い期間暑さ対策に活躍してくれます。そんな暑さ対策に適した屋根塗装用塗料は耐久性や色のバリエーション、そして業者の塗りやすさが選ぶ上のポイントと言えます。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事