トイレをバリアフリーにしたい人必見!介護リフォームの内容や費用と注意点

2019年3月14日
リノベーション市場 トイレリフォーム情報
トイレをバリアフリーにしたい人必見!介護リフォームの内容や費用と注意点

自宅のトイレのリフォームする目的は、老朽化や古さを新しくしたいというものが多いですが、介護を目的としたリフォームを行う人も多いです。介護のためのリフォームの場合、一般的なトイレのリフォームとは内容もかなりかわってきます。そこで、今回はトイレの介護リフォームについて詳しくご説明していきます。

トイレの介護リフォームとは

介護のためにトイレをリフォームするのは、介護が必要な人ができるだけ自分の力でトイレに行き用を足せること、つまり介護が必要な人にとって使いやすいトイレにすることがまず大きな目的です。介助なしでトイレに行くことができる人もいれば、トイレ内での介助が必要な人もいます。そのため、トイレ内での介助が必要な場合は、介護される人だけでなく介護をする人にとっても使いやすいトイレであることが重要となります。

具体的には、手すりの設置や段差の解消、トイレ内のスペースの拡張、扉を引き戸に変えるなどのリフォームが行われます。また、便座の高さを上げたり和式から洋式に変更というケースも目的が介護なら介護リフォームに該当します。他にも手の力がなくても切れやすいペーパーホルダーや、文字が見やすく軽い洗浄レバーに変えるといったものもあります。

介護レベルに合わせたリフォーム

介護が必要な度合いによって、トイレのリフォーム内容は変わってきます。例えば、杖や手すりを使えば自力で歩行できる場合は、手すりの設置や扉のリフォームのみで済むケースも多いです。それが車いすでの移動となれば、車いすごとトイレに入り、車いすから便器まで移動できるような余裕のあるスペースが必要となるでしょう。さらに、車いすで移動しトイレ内での介助が必要な場合は、介助者が入れる分のスペースがさらに必要となります。

車いす移動でトイレを使う場合は、元々広いトイレでない限りはスペースの拡張が必要となるケースがほとんどです。もちろん段差の解消、手すりの設置、引き戸への変更も行う必要があります。このように、介護リフォームと言ってもレベルによって内容はかなり変わってくるのです。

トイレの新設も可能

トイレの新設も可能

介護を目的としたリフォームでは、先ほどお伝えした最低限の内容に加え、例えば手洗い場をトイレ内に設置することでより負担を減らし快適に生活できるようにすることも考えられます。さらに、移動を極力減らすのが望ましい場合は、トイレを新しく作るということも可能です。

トイレのリフォームというと、もともとトイレがある場所で行うのが当然のように思われていますが、実際介護される人が過ごす部屋からトイレまでが遠すぎると、トイレに行くこと自体が本人も介護をする人にとっても大きな負担になってしまいます。そこで、押し入れなどのスペースをリフォームしトイレを新設するのです。これは、元々あるトイレのスペース拡張が難しい場合などにも考えられる方法です。

トイレの介護リフォームにかかる費用

様々な内容の介護リフォームがあることがわかってきましたが、気になるのがリフォーム費ですよね。生活しやすいトイレにリフォームできるのは理想的だけど、実際お金がどのくらいかかるのか不安になる人も少なくないのではないでしょうか。介護リフォームは、その内容によって細かくリフォーム費がかかりますので、必要なものだけを選べば費用はそこまで膨らまないので、安心して下さい。

例えば手すりの設置だけなら5~10万円ほどでリフォームできます。段差の解消は工事の仕方にもよりますが、安ければ1万円を切ることも。高くても10万円ほどでできるでしょう。引き戸へのリフォームは10~20万円、スペースの拡張工事は10~30万円が相場です。もちろん、いずれも使用する製品のグレードや工事の内容により前後します。新設の場合は、設置場所にもよりますが50~100万円ほど見ておくといいでしょう。

内容や費用に関しては相談を

実際、介護のためにどのようなリフォームをするべきなのか、決めるのは難しい人も多いでしょう。今は自力で歩行できていても、近い将来車いす生活にならないとも言い切れません。先を見据えてリフォームの内容を決めた方が、その時になって慌てなくて済みます。

もちろん費用のことを考えて最低限の内容に留めるというのも一つの考えですが、せっかくリフォームしたのに状況が変わってさらにリフォームしなおすと二度手間なうえ出費も結局かさんでしまいます。今の暮らし・この先の暮らしを考えたうえで介護リフォームを行うのが理想的ですね。自分では判断しかねる人は、ケアマネージャーやリフォーム会社で相談しながら検討していくといいでしょう。

まとめ

トイレの介護リフォームには様々な内容がありますが、使いやすいトイレになればそれだけ負担も減ります。排泄が自分でできるということは、生きていく上で非常に重要なことなので、トイレの使いづらさが原因で自分でトイレに行くことを諦めてしまうというのは避けたいですよね。そのためにも、トイレの介護リフォームはよく考えて行うようにしたいものです。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事


トイレリフォームのご紹介

横浜・川崎市のトイレリフォーム

> 横浜・川崎の格安トイレリフォームはこちらへ

トイレのリフォームは他の水回りに比べて費用も安めで工期も短いため、気軽に考える方も多いのではないでしょうか。ですが、毎日頻繁に使う場所ですので十分に検討のうえ、納得のいくリフォームをしていただきたいと考えております。最近では快適で清潔性をキープしやすく、節電・節水効果も高い機能的なトイレも多数出ていますので、お客様の要望に合わせたリフォームプランを提案させていただきます。

リフォーム前のトイレの問題点や、新しいトイレに何を求めるかということを一緒に考えていきましょう。弊社にお任せいただきましたら、こちらでご紹介している事例のように見違えるようなトイレに生まれ変わります。もちろん料金は激安、そして満足できる仕上がりをお約束いたします。

> トイレのリフォーム実績一覧へ

トイレリフォームをしていただいたお客様の声

トイレのリフォームのタイミングは古さや使いづらさを感じたり、汚れの付着がひどくなってきたなど何らかのきっかけがあるケースがほとんどです。お客様によってそのきっかけや要望は異なりますが、トイレのリフォームを検討され弊社が施工させていただき、快適で清潔なトイレに生まれ変わったとのことで、皆様に喜んでいただいております。

横浜・川崎エリアで多くのお客様からのご依頼を受けてまいりましたが、安くて安心できるリフォームということを納得していただいたとの声が多数寄せられています。このお客様からの声に支えられ、引き続き満足していただけるリフォームを続けてまいりますので、トイレリフォームをご検討の際にはぜひクラサキにご相談ください。

トイレリフォームをしていただいたお客様のご感想

港北区T様

合計工事費

8.6万円

とにかく価格が安いのでお願いしましたが、リフォーム前のわかりやすい説明や仕上がりにもとても満足しております。

宮前区K様

合計工事費

8万円

ユニットバスとセットでお願いしましたが他社に比べ20万程安くできました。リフォームも丁寧に有難う御座います。

トイレリフォームの24時間メールでのお問い合わせ