リフォームしたら課税対象?外壁リフォーム後の固定資産税が知りたい!

2019年8月1日
リフォーム市場 外壁リフォーム情報
リフォームしたら課税対象?リフォーム後の外壁の固定資産税が知りたい!

消費税や相続税、そして毎年支払う固定資産税、日常生活を営む上で税金の話題は絶えません。外壁リフォームも例外ではなく、税金が関わってきます。固定資産税なども外壁リフォームでかかる場合もあり得るのです。外壁をリフォームしたら固定資産税が急に増えたとなると辛いですし、外壁リフォームしただけなのに予期しない固定資産税の増額は非常に大きな出費となります。今回、外壁リフォームで固定資産税がかかるのかと言った話題についてお話ししていきます。

外壁リフォーム前知識:固定資産税とは

外壁リフォームで固定資産税が増えるということをお話しする前に固定資産税はとは何かについて、お話しします。固定資産税とは毎年1月1日時点の固定資産(土地や家屋、償却資産)の所有者に対しかけられる税金なのですが、外壁などのリフォームとして関係してくる固定資産税の対象は家屋の部分になります。家屋は外壁の状態にかかわらず年数によってその価値が変わり、税金の金額も変わります。

ただ、リフォームしたことで家屋の価値が変わることはあり得ますが、外壁のリフォームで固定資産税の金額が変わるかは後の項目で説明していきます。いずれにしても固定資産税とは家と土地にかかる税金であり、家屋の固定資産税に関しては年数や様々な要因(リフォームなど)で変化しうる要素があると考えていただければ良いと言えます。次の項目では外壁に関する固定資産税について触れます。

外壁リフォームに固定資産はかかるのか

外壁リフォームに固定資産はかかるのか、本題ですが答えは「外壁リフォームに固定資産はかかりません」。

なぜなら固定資産税の対象は新築や増築であって、外壁のリフォームは増築と見なされないからです。もちろん外壁リフォームにともなって修繕のつもりが増築まで進めてしまった場合は固定資産税の増額対象となります。しかし、そういった例外はあるものの基本的に外壁リフォームで固定資産税の増税となることはありません。多くの建設工事で行政に提出する確認申請の書類も外壁リフォームでは提出する義務もないため、行政も関知する義務がないため、外壁リフォームで固定資産税が増税される心配はないのです。

確かに外壁リフォームは新築のようにきれいな仕上がりになるものも多く、固定資産税も上がると思いがちですが、このような理由で固定資産税は元のまま、あるいは築年数の経過でむしろ金額が減ることすらあります。

外壁リフォームで固定資産税がかかる場合

外壁リフォームで固定資産税がかかる場合

基本的に外壁リフォームでは固定資産税が変わりありませんが、外壁リフォームに関わる工事で固定資産税がかかってしまうこともあります。

それは増築、大規模改修、用途変更の3つの場合です。外壁リフォームを行いつつ、部屋を一つ外に追加したり、平屋を二階建てにしたりするような場合固定資産税が増税されますし、一部を外壁リフォームしつつ、一部をスケルトンリフォームという骨組みだけ残して作り変える大規模改修も固定資産税の増税対象です。また、外壁リフォームにともなって民家をお店や事務所へ用途変更する時も固定資産税の増税対象になります。最初の二つは基本的にまれかもしれませんが、外壁リフォームをしつつ用途変更というケースはあり得るケースなので注意する必要があります。

外壁リフォームで固定資産税がかけられる前にしておきたいこと

外壁リフォームは固定資産税がかからないはずなのに思いもよらないところで固定資産税の増額対象になってしまうということも可能性としてあります。そういった場合はどうすればいいのでしょうか。

外壁リフォームを依頼するリフォーム業者さんに外壁の課税について相談するのも手かもしれませんが、あまりに心配であれば(住居から住居兼店舗のような用途変更など)税務のプロである税理士さんや市の固定資産税の窓口、市税事務所などに相談してみると良いかもしれません。税務の専門家ですから、外壁リフォームで固定資産税がかけられるかどうかも的確な助言が得られることが多いです。なので、外壁リフォームで固定資産税がかけられる前にそう言ったところで念のために相談しておくと良いかもしれません。

外壁リフォーム固定資産税以外の課税は?

外壁リフォームで一部の例外を除き固定資産税がかからないというのは分かりましたが、それ以外にも沢山の種類の税金が存在します。外壁リフォームで固定資産税以外にもどんな税金があるのかについてお話しします。結論を言うと、固定資産税がかからなければ、外壁リフォーム工事にかかった消費税です。工事費の高い割合を占める消費税ではありますが、それ以外は固定資産税がかからなければ外壁リフォームで追加の税金は消費税以外かかりません。

ただ、外壁リフォームで固定資産税が増額された場合は、それ以外の課税も存在します。それは都市計画税です。都市計画税は固定資産税の評価額を元に計算するため、外壁リフォームで固定資産税が増額された場合等しく増額されてしまうのです。固定資産税と一緒に払うことがほとんどなので気づきにくいですが、これも増える課税の一つです。

まとめ

外壁リフォームを行っても固定資産税は増額されません。しかし外壁リフォームにともなって増築や大規模な改修を行ったり、用途変更を行うと例外的に固定資産税が増額される場合があります。そういう恐れがある場合は外壁リフォーム後に固定資産税が増える前に専門家へ相談することが重要です。やむなく外壁リフォーム後固定資産税が増えてしまう場合には都市計画税も地域によって増えることを注意してください。このように外壁リフォームを行う際は多少固定資産税も意識して依頼するのが望ましいと言えます。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事