リフォームは動線を考えて使いやすく!水回りの位置決めで覚えておきたいポイント

2019年7月4日
リノベーション市場 リフォームの基礎知識
動線を考えて使いやすく!水回りの位置決めで覚えておきたいポイント

水回りのリフォームを検討する場合、間取りの変更によって今の住まいよりも快適な空間を作り出すチャンスです。特に、家族が毎日使う水回りの位置は重要。よりスムーズに家事や身支度が進むには動線を意識しながら水回りの位置を決めていくといいでしょう。そこで今回は、より便利で快適な暮らしを実現するための水回りの位置について考えていきましょう。

水回りの位置は動線で決まる

水回りとはお風呂・トイレ・キッチン・洗面化粧台のことを指しますが、特に古い住宅の場合これらの位置が使いづらさの原因となっていることがよくあります。そもそも、人が住む前に決められた間取りで配置されていますので、実際に生活してみると自分たちの生活パターンに合わないということがあるのは無理もないですね。生活の仕方は家庭によっても違いますし、一人ひとり違って当然です。

お風呂がこの場所だと不便だな、キッチンは別の向きにした方が使いやすいなど、暮らしてみて初めて気づくことはたくさんあります。水回りの使いやすい位置を決める際のカギとなるのが、動線です。家族が水回りの位置に合わせて動くのが難しいのなら、家族の動きに合わせて水回りの位置を変えてしまいましょう。

家事動線と生活動線

住まいにおける動線には二つの種類があります。一つ目は、家事動線。水回りに関して言えば調理や洗い物、洗濯、掃除などのための動きを指します。二つ目は、生活動線です。洗顔や歯磨き、トイレで用を足す、入浴する。キッチンに必要なものを取りに行くといったことも生活動線に含まれます。

家族で生活している住宅ではこの二つの動線が存在しているのですが、リフォームを検討した時にはじめからこれらの動線を意識して位置決めを考えている人はあまり多くありません。見た目の良さやデザインの好みにどうしても目がいくからです。位置を変えてはみたものの、やっぱり使いづらいと後悔したという事例もあります。家族が増えれば増えるほどこの動線は複雑になっていきますので、ないがしろにしていると知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまう可能性があります。

家族の動線が重なると不便

家族の動線が重なると不便

特に家族の動線がぶつかり合うのは朝の時間帯。家族全員が学校や職場に向かうために急いで身支度をします。そこで発生するのが洗面所やトイレの取り合い、せまい通路で何度もすれ違わなければならないなどといったこと。ただでさえ忙しいのに動線が何度もぶつかるのは地味にストレスの原因になります。

他にも、キッチンに誰かが物を取りに行くと通路を塞がれて動けなくなる・洗濯物を干しに行くまでの距離が長く、家族の個室を通らなければならないなどといったこともよく聞かれる問題点です。すべてを解決することは難しいかもしれませんが、リフォームをきっかけに一度家族が日頃不便に感じていることを整理すれば、水回りの位置を変えることで改善されるのではないでしょうか。

家事動線をまとめることで便利に

最近の新しい住宅やリノベーション住宅では、よりスムーズに家事が進むような動線を意識した間取りが多く採用されています。キッチンの近くの位置に洗濯機を置けるようにしたり、洗濯機の位置から物干しスペースまでの距離が短かったりと、無駄な動きが発生しないように工夫されているのです。アイロンをかけたり洗濯物を畳んだりできるちょっとした家事スペースを設けている住宅も。少ない動きですべての家事が片付くような位置にまとまっているので、家事の効率も断然上がります。

とはいえ、家事の仕方も人によってパターンが違いますので、せっかくリフォームで水回りの位置を変えるなら、新しい住宅の間取りは参考程度にしつつご自身の家事パターンに合う位置を考えることをおすすめします。

キッチンと洗面所は出入り口を2つ作る

動線がぶつかることで不便との声が多いのが、袋小路になってしまうキッチンや洗面所です。先ほども触れたように忙しい朝の時間帯などは、家族がいることで通れなくなるだけでもストレスに感じるもの。そこで、キッチンと洗面所には、それぞれ出入り口を2か所設けることで通り抜け可能にしてはいかがでしょう。

これを「回遊性」といいますが、抜け道ができることで家族の動きによって自分の動きが制限されることがなくなり、動線がぶつかることを避けられるメリットがあります。ただし出入り口を増やすとなるとそのぶん通路の確保などスペースが必要となってきますので、例えばキッチンと洗面所をつなげるなど限られたスペースで可能な方法を検討することになります。

トイレは家事動線と重ならない位置に

トイレは家事動線と重ならない位置に

洗い物や洗濯物などは、溜め込むことができませんしできるだけさっさと片づけたいもの。そのため、キッチンやお風呂場・洗濯機・洗面所に関しては動線を意識してスムーズにつながるように位置を決めるといいでしょう。いっぽう、トイレに関しては掃除は空いた時間に行うという人がほとんどではないでしょうか。また、水回りの中でも一番頻繁に使われる場所でもあるうえに、プライバシーの配慮も必要です。

これらの理由から、トイレは家事動線と重ならないような位置にあることが理想的です。お子さんが小さいうちはトイレでのお世話も生じますが、お子さんが成長し介護が必要な人もいない家庭でこれからリフォームする場合は、トイレの位置は生活動線からも切り離すくらいでもいいかもしれません。家族の状況に合わせて考えてみるといいでしょう。

お風呂と玄関の位置関係

プライバシーに関していえば、お風呂の位置で不満を抱いている人も多いです。お風呂が玄関のすぐそばにあり、リビングまで行くには玄関の前を通らなければいけないという間取り。急な来客などがあった場合半裸状態で遭遇…という失敗談も少なくありません。それでなくても、お子さんの世話に追われロクに服も着られず、玄関前を行ったり来たりするのはいい気がしないものです。

お風呂の位置を玄関から遠ざけるというリフォームが理想的ですが、大掛かりになるため実際は難しいものです。そういった場合は、位置は変えずにリビングにつながる出入り口を設けるなどの方法で、玄関前を通らなくて済むようにするなど別のアイデアを考えることも重要です。

コンパクトな家は家事動線を優先に

水回りの位置を変えるだけでなく、出入り口を増やす・通路を広げるなどの方法で家族の動線がぶつかるという問題は解決されます。ただ、間取りの変更と同様に限られたスペースで回遊性を高めることは実際には難しい場合も少なくありません。

家事動線も生活動線もどちらもスムーズに滞りなく確保できる住まいがもちろん理想的ですが、難しい場合は家事動線だけでもまとめる方向で位置を決めることをおすすめします。家事動線に無駄がなくなるだけで実際動きがコンパクトになりますので、家族との生活動線とぶつかってしまうことも自然と減るからです。特にコンパクトな中古マンションをリノベーションする場合は、家事動線を意識した位置決めで暮らしやすい住まいになるはずです。

まとめ

これまで暮らしてきた家で不満に感じていた内容は、リフォームの大切な材料になります。水回りの位置を変えるのが難しくても、他の方法で問題を解決できる可能性があります。動線・生活パターンは家族によっても人によっても異なりますので、暮らしやすい住まいを手に入れるためにもよく話し合って決めていくといいでしょう。

横浜・川崎市のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事